私が営業をするきっかけを話します

大学卒業前に、一年間だけ海外留学をした事が、仕事を決めるきっかけとなりました。

卒業後に、大学の紹介などもあったのですが、私が思う会社はありませんでした。
インターネットの求人サイトで私が思う会社を探しました。でもそう簡単には見つかりませんでした。

私は、ただ漠然と営業がしたいのではありません。海外留学をしなければ知ることもなかった仕事があります。通訳や、翻訳を斡旋している会社です。

私は本当にお世話になりました。見聞を広めるという思いだけで海外に留学しましたが
言葉は全く分からずで、本当に苦労しました。

そんな時にお世話をしてくれたのが、通訳の人でした。

宿泊施設などで何度も翻訳をしてくれて助かりました。

私は、ふと考えました。お金がないのに通訳をしてもらうなんてどうかしていると
私は、通訳の料金をどうすればよいのか悩みました。
悩んだ結果そこで直接通訳の人に相談しました。

通訳の人は、会社から依頼されたわけではないから問題はない。と言いました。
楽しく旅をしたいから料金の事は話をするなとも言っていました。

会社に依頼されていないからというだけで、
無料で通訳をしてくれた事に本当に関しています。

何故に通訳や翻訳の斡旋をしている会社の営業マンになりたいかと言うと
学生時代に助けて頂いた通訳の人に恩を感じているからです。
通訳や翻訳の仕事は、知人の話しではあまり多くないと聞いていますので
私が通訳や翻訳をしている方に、恩返しとして仕事を斡旋したいと考えたのが

私が思う営業スタイルです。 私の営業スタイルは恩返しかも知れません。

カテゴリー: 実際に働く人たち   パーマリンク