営業活動の移動手段とは

営業の求人をお探しの方にお話します。

営業をしている人の移動手段の主流は何でしょうか?
営業と言っても『求人の営業』や『販売の営業』など種類が多いのですが、
全ての営業をしている人対象の話です。

移動手段は、大きく分けて4つあると思いませんか?
一つ目は、車です。雨の日も、風が強い日でも関係なく仕事が出来ます。
二つ目は、電車です。時刻表の通りにくるので待ち合わせに遅れることもなく確実な交通手段です。
三つ目は、自転車です。一方通行などもなく歩行者とほぼ同じ感覚で移動出来ます。
四つ目は、徒歩です。

大きく分けて四つですが、上記の四つの中で併用して利用している営業マンもいます。

私は、基本的に自転車で移動していました。
これは、体に少し堪えます。
春先は、夕方に暗くなる時間は早いですし、ひんやりと寒くなりますので体に堪えます。
夏と冬は、もう皆さまも知っての通りです。【夏は灼熱】で【冬は極寒】という感じでしょ
うか?これは体験した者しか分かりません。

特に私は、体力には昔から自信がありました。特に足には普通の人より何倍もの力があり
ました。これは、中学の時に右膝を手術する前に筋力測定をした時に分かった事なのです。当時13歳の私の脚の筋力は20歳代の人と同じだと看護師さんに告げられたことが今でも私の自信に繋がっています。

話は戻りますが、自転車を漕ぐ速度が速いので夏よりも冬が特に辛かったです。
夏は、止まった時に汗が滝のように流れるので拭くことも追い付かない感じでしたが、冬は、走っているときから手袋の隙間から風が入り手が凍るような感じになり感覚がなくなります。同時に足も靴の縫い目から冷たい風が入ってきます。速度が速ければ速いほど冷たい冷気は入り込んできて足の感覚がなくなります。
車も、電車も、徒歩も、それぞれに利点がありますが欠点もあります。
体力に自信がある私は、夏の暑さや冬の寒さに耐えることは出来ても、自転車営業での欠点である雨には抵抗できませんでした。
雨は視界も悪くしますし、速度も半分ぐらいになってしまうので・・・・・。
自転車で営業をしている方も多いと思いますので、年齢性別関係なく、異常気象が続く昨今は常に傘を準備するなどして雨対策を忘れないようにしましょう。

カテゴリー: 実際の営業の求人   パーマリンク